エフェソス遺跡(トルコ)

旅アルバム「未来の世界遺産?」06 トルコ(2008)

Sエフェソス1.jpg


Sエフェソス2.jpg


Sエフェソス3.jpg


Sエフェソス4.jpg


Sエフェソス5.jpg





エフェソス遺跡(トルコ)


紀元前16〜11世紀、ギリシャから移住してきた
イオニア人によって築かれた都市国家・エフェソス。
現存するギリシャ文明が残る遺跡の中では最大で、
古代ギリシャ時代には、
アルテミス信仰の聖地として有名でした。
この都市が最も繁栄したのは、
古代ローマ帝国の支配下となった紀元前2世紀。
この頃から土砂の堆積で海が埋もれ始めました。
そして、4世紀終わりに東ローマ帝国になったものの、
アラブ人の攻撃に抗えず、8世紀にエフェソスを放棄。
しばらくして港が完全に埋まったこともあり、
いつしか忘れられた場所になったのです。




☆2015年、世界遺産に登録されましたヽ(^0^)ノ










この記事へのコメント


この記事へのトラックバック