ドブロブニク旧市街(クロアチア)

旅アルバム「世界遺産」28 クロアチア

Sドブロブニク1.jpg


Sドブロブニク2.jpg


Sドブロブニク3.jpg


Sドブロブニク4.jpg


Sドブロブニク5聖ブラホ教会.jpg




ドブロブニク旧市街(クロアチア)
1979年 文化遺産


青い海にオレンジ色の屋根が映える美しい風景と
中世の街並みを残すアドリア海の真珠。
7世紀、ローマ人が小さな島に要塞を築いたのが
この街の始まりです。
ビザンツ帝国、ベネチア共和国、ハンガリー王国などに
支配されてきたクロアチアという国の中にありながら、
1358年、ハンガリー王国から独立し、
ラグーサ共和国として自治権を獲得しました。
15〜16世紀にはアドリア海、地中海での貿易で発展。
その後、クロアチア独立戦争時には、
旧ユーゴスラビア軍の砲撃により壊滅的な被害を受け、
1991年から1998年の間は危機遺産に指定されることに…。
内戦終了後、住民達の献身的な修復活動によって
みごとに復興し、再び美しい姿を取り戻しました。



☆旅行記はこちら → 地中海クルーズ親子旅Vol.73







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック