マルトラーナ教会(シチリア島/イタリア)

旅アルバム「世界遺産」33 イタリア

Sマルトラーナ教会1.jpg


Sマルトラーナ教会2.jpg


Sマルトラーナ教会3.jpg


Sマルトラーナ教会4.jpg


Sマルトラーナ教会5.jpg




マルトラーナ教会(シチリア島/イタリア)
〈パレルモのアラブ・ノルマン様式建築物群及びチェファルー大聖堂・モンレアーレ大聖堂〉
PALERMO ARABO-NORMANNA E LE CATTEDRALI DI CEFALU’ E MONREALE
2015年 文化遺産


1143年、ノルマン初代シチリア国王ルッジェーロ2世の
宰相ジョルジョ・ディ・アンティオキアによって建てられた教会。
ジョルジョは地中海を活躍していた海軍提督だったため、創建時は
『海軍提督の聖母マリア教会』(サンタマリア・デ・アーミラリオ)
という名前でした。
その後、隣接して建つマルトラーナ修道院に接収されて
『マルトラーナ教会』に変わったとのこと。
内部は金色のモザイクで飾られたビザンチン様式。
祭壇のまわりはバロック装飾で飾られています。
こぢんまりしてるけれど、
パラティーナ礼拝堂と並ぶシチリア島最古の
モザイク装飾が残る貴重な存在だとか。



☆旅行記はこちら → 南イタリア親子旅行Vol.55


〈パレルモのアラブ・ノルマン様式建築物群、及びチェファルー大聖堂・モンレアーレ大聖堂〉
パレルモ大聖堂
ノルマン宮殿(王宮)とパラティーナ礼拝堂
◇マルトラーナ教会
◇サン・ジョヴァンニ・デッリ・エレミティ教会
サンカタルド教会
◇ジーザ城
◇海軍提督の橋
モンレアーレ大聖堂
モンレアーレ修道院の回廊
◇チェファルー大聖堂
◇チェファルー修道院の回廊



ブログランキングならblogram







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック