シントラ宮殿(ポルトガル)〈シントラの文化的景観〉

旅アルバム「世界遺産」37 ポルトガル

Sシントラ宮殿1.jpg


Sシントラ宮殿2.jpg


Sシントラ宮殿3.jpg


Sシントラ宮殿4.jpg


Sシントラ宮殿5.jpg


シントラ宮殿(ポルトガル)〈シントラの文化的景観〉
Palacio Nacional de Sintra
1995年 文化遺産


最初にムーア人のリスボン総督の住居として建てられたのが
8世紀頃。その後
1147年にアルフォンソ1世がリスボンを奪還した時から
ポルトガルが共和制になる1910年までの間、
歴代王室が所有していた宮殿です。
13世紀、ディニス王の時代から改装を繰り返し、
14世紀にジョアン1世が、16世紀にはマヌエル1世が、
大改築をして現在の姿になったということ。
ポルトガル内で最も保存状態の良い中世の王宮で、
様々な時代のアズレージョも楽しめます。


☆旅行記はこちら → ポルトガル親子旅行Vol.20



〈シントラの文化的景観〉
◇シントラ宮殿
◇ペーナ宮殿
◇レガレイラ宮殿
◇ムーアの城跡



ブログランキングならblogram




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック