民政總署(マカオ)〈マカオ歴史市街地区〉

旅アルバム「世界遺産」42 マカオ

S民政總署1.jpg


S民政總署2.jpg


S民政總署3.jpg


S民政總署4.jpg


S民政總署5.jpg


民政總署(マカオ)〈マカオ歴史市街地区〉
Edifício do Leal Senado
2005年 文化遺産


セナド広場を見守るように立つ新古典様式の建物。
1784年、ポルトガル統治時代にマカオ市政庁として
建てられました。
入口から2階に続く階段と中庭の壁は、
ポルトガルの伝統的な装飾タイル・アズレージョで装飾。
中庭には、ポルトガルの詩人ルイス・カモンイスと
作家ジョアン・デ・デウスの胸像が飾られています。
2階は図書館になっていて、ポルトガルの古書を所蔵。
ポルトガルのマフラ宮殿内の図書館を模したということで、
重厚感あふれる内装を楽しめます。

☆旅行記はこちら → マカオ親子旅行Vol.12



☆☆☆世界遺産『マカオ歴史市街地区』☆☆☆

ギア要塞 聖ポール天主堂跡 聖ドミニコ教会 民政總署
媽閣廟 港務局 鄭家屋敷 聖ローレンス教会 三街会館
聖ヨゼフ修道院及び聖堂 ドン・ペドロ5世劇場  大堂
ロバート・ホー・トン図書館 聖オーガスティン教会 
仁慈堂 盧家屋敷 ナーチャ廟 旧城壁 モンテの砦 
聖アントニオ教会 カーザ庭園 プロテスタント墓地
セナド広場 リラウ広場 聖オーガスティン広場 
バラ広場 大堂広場 聖ドミニコ広場 
イエズス会紀念広場 カモンイス広場



ブログランキングならblogram





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック