エフェソス遺跡(トルコ)

旅アルバム「未来の世界遺産?」06 トルコ(2008) エフェソス遺跡(トルコ) 紀元前16〜11世紀、ギリシャから移住してきた イオニア人によって築かれた都市国家・エフェソス。 現存するギリシャ文明が残る遺跡の中では最大で、 古代ギリシャ時代には、 アルテミス信仰の聖地として有名でした。 この都市が最も繁栄したのは、 …

続きを読む

スクロヴェーニ礼拝堂(パドヴァ/イタリア)

旅アルバム「未来の世界遺産?10 イタリア(2011) スクロヴェーニ礼拝堂(パドヴァ/イタリア) 1305年に建てられた、ロマネスク・ゴシック様式の礼拝堂。 資産家エンリコ・スクロヴェーニが奉納したもので、 高利貸しだった父親の贖罪のために建てたのだとか。 内部はルネッサンス絵画の開花を促したといわれる 画家・ジョットによる青の世…

続きを読む

レーマー広場(フランクフルト/ドイツ)

旅アルバム「未来の世界遺産?」08 ドイツ(2008) レーマー広場(フランクフルト/ドイツ) 可愛らしい木組みの建物に囲まれた、市民の憩いの場。 広場にぴったりのこぢんまりとしたニコライ教会、 中央には正義の女神ユスティシアの噴水、 そして、ひときわ目立つ切妻屋根の建物は 旧市庁舎・レーマー。 クリスマスが近付くと市場が立ち、人々で賑わ…

続きを読む

タワーブリッジ(ロンドン/イギリス)

旅アルバム「未来の世界遺産?」09イギリス(2001春) タワーブリッジ(ロンドン/イギリス) ロンドン市内を流れるテムズ川に架かる、 中世のお城のような塔を持つ跳開橋。 左右2つのタワーを繋ぐ通路ウオークウエイズは、 長さ270m、高さ42m。 ロンドンの街並みを眺めながら、歩いて渡ることができます。 民謡『ロンドン橋が落ちる』で有名なロン…

続きを読む

キューケンホフ公園(オランダ)

旅アルバム「未来の世界遺産?」07 オランダ(2000) キューケンホフ公園(オランダ) アムステルダムから南西約20km、 毎年3月下旬から2ヶ月間しか開園されない キューケンホフ公園。 東京ドーム約7個分、32haの広大な敷地に、 チューリップやヒヤシンスなどの球根花が咲き乱れる 世界最大のチューリップ公園です。 700…

続きを読む

モンレアーレのドゥオモと修道院の中庭(シチリア島/イタリア)

旅アルバム「未来の世界遺産?」05 イタリア(2010) モンレアーレのドゥオモと修道院の中庭(シチリア島/イタリア) イタリア・シチリア州の首都・パレルモから南西8km、 小高い山の上にある小さな街・モンレアーレ。 ノルマン王3代目のグリエルモ2世は、 パレルモを見下ろすこの丘に修道院を建てました。 そしてその隣に、シチリア王…

続きを読む

クノッソス宮殿(クレタ島/ギリシャ)

旅アルバム「未来の世界遺産?」04 ギリシャ(2008) クノッソス宮殿(クレタ島/ギリシャ) ギリシャで一番大きな島・クレタ島。 ここは紀元前2000年に興った ヨーロッパ最古の文明・ミノア文明の中心地。 中でもクノッソスという都市は、 紀元前3000年頃から存在していたといわれます。 ギリシャ神話に登場するクノッソスの迷宮が 実…

続きを読む

パラティーナ礼拝堂(パレルモ/イタリア)

旅アルバム「未来の世界遺産?」03 イタリア(2010) パラティーナ礼拝堂(パレルモ/イタリア) アラブ人が支配していたシチリア島をノルマン人が征服し、 ノルマン・シチリア王国が成立したのは12世紀。 初代王・ルッジェーロ2世は、コスモポリタンな王様で、 アラブとビザンチンの職人を使い、 イスラム文化、ビザンチン文化、ラテン文化を融合させ…

続きを読む

青の洞窟(カプリ島/イタリア)

旅アルバム「未来の世界遺産?」02 イタリア(2010) 青の洞窟(カプリ島/イタリア) 神秘的なブルー。 その美しさはローマ帝国時代から知られ、 ローマ皇帝にも愛されていたという光景は 自然が創造した素晴らしい芸術作品。 入口が狭いので海が荒れている時は入れないという わがままな洞窟だけど、魅力的です。 アンデルセンの恋愛小説『即興詩…

続きを読む

ウンベルト1世のガレリア(ナポリ/イタリア)

旅アルバム「未来の世界遺産?」01 イタリア(2010) ウンベルト1世のガレリア(ナポリ/イタリア) ナポリでコレラが大流行した19世紀末、 治まったあとスラム街跡地に建てられたというガッレリア。 天井がガラス張りになった十字のアーケードには、 カフェや土産物屋などが並んでいて、賑やか。 ミラノの『ビットリオ・エマヌエレ2…

続きを読む